クワガタ飼育 累代表記のCBとかF2とかってなに?

中学生の頃に理科でやりましたよね。
ぼんやりと思い返すとメンデルの法則とか習いました。もう具体的には全く覚えてませんが。

オオクワガタとの出会いを機に勉強し直しました。
といっても累代表記と、遺伝とかそのあたりに軽く関係ありそうな事だけですが。

オオクワガタにふれていたらよく見かけますよね、CBとかF3とかWF1とか。
クワガタ界でつかう表記と正式な遺伝学でつかう表記はわりと違うようです。
結構曖昧だったり、ショップによって表記が違ったり。

ですからここではクワガタ界で一般的に通じる表記を説明します。
昆虫ショップで表記を見れば分かる程度。クワガタ好きの人たちと話を合わせられる程度にです。

クワガタ飼育
よくある累代表記 一覧

WD これはワイルド、つまり野外採集品の事です。天然個体ですね。
この野外で採集された♀はほとんどの確率で天然♂と交尾済みです。
(材割り採集の場合は交尾していないと思いますが。)
ですので野外採集品の♀を産卵セットに入れてあげればほとんどの確率で産卵します。

WF0 この野外採集品の交尾済みの♀はWF0と表記します。
また野外採集の幼虫の事もWF0と表記されていますね。

WF1 これは野外採集品の♀から生まれた個体の事です。基本的には野外採集品の♀は
天然下で天然♂と交尾済みですのでペアリングなどはしません。
以降、同腹同士で交配を続けF2,F3,F4と累代が進みます。

血の入れ替えをおこなった場合(兄弟同士の交配をやめ血筋の違う個体との交配)
またF1に戻ります。同じ産地同士でしたらCBF1と表記されます。

CBF1 同産地で血の入れ替えをおこなった最初の累代個体です。
(違う血筋での佐賀神崎産F3×佐賀神埼産F5=佐賀神埼CBF1)
以降CBF2、、、とCBを省略してるものも多いです。
CBを省略していたらワイルドからの直子累代なのか、管理下での血を入れ替えているものか
分からないのでそういう場合は聞きましょう。

HB 違う産地の個体を掛け合わせた個体でつかわれている事が多いです。
同じ種の国産オオクワガタ同士の掛け合わせでも
オオクワブリーダーにはとても嫌われるのでまっとうな市場には出てきませんね。
異種間・異亜種間の交配なんてもっての他です。

このくらい頭に入っていれば話にはついていけると思います。
間違ってたらご指摘くださいね。あとは直接詳しい人に聞きましょう。

私は今WF1の個体に興味があります。今でも野外で採集してる人はいるもんですね、
たまにオークションなんかで見かけます。

では。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。